協会会則


第一章  総 則

第1条
 本会は富士市合気道協会と称し、事務所を理事長宅におく。
第2条
 本会は合気道の健全な普及発展を図り、市民の「心・技・体・気」の向上と合気道への関心と理解を深めることを目的とする。
第3条
 本会は、富士市に在住、勤務するもの及び本会の目的に賛同するものを以て組織する。

第二章  事 業

第4条
本会は、その目的を達成するために下記の事業を行う。

1.合気道修行に関する諸計画を実施すること
2.研究に関すること
3.普及に関すること
4.指導に関すること
5.その他本会の目的達成に必要な事項

第三章   役 員

第5条
本会に下記の役員をおく。

     ・会長   1名
         ・副会長  1名
         ・理事(理事長1名、副理事長1名、常務理事  若干名を含む) 若干名
         ・監事   2名
前項に定めるものの外、会長は理事会(役員会)の承認を経て、名誉会長、顧問等を推載することができる。

第6条
1  会長は、理事会で推薦し、理事会(役員会)の承認を得る。
2 副会長は会長の指名とし、理事会(役員会)の承認を得る。
3 会長は本協会を代表し、会務を総括する。副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代理する。

第7条
 1 理事は会員中より選出し、理事会を構成する。
 2 理事は本会の会務を掌理する。
 3 理事は互選により、理事長1名、常務理事若干名を選び会長がこれを委嘱する。
 4 理事長は理事会(役員会)の決するところに従って会務を執行する。緊急を要する
事項で理事会に諮ることができない場合にはこれを執行することができる。但しこ
の場合、次の理事会(役員会)において承認を得なければならない。
 5 常務理事は理事長を助け常務を処理する。

第8条
 監事は本会の業務並びに会計を監査する。

第9条
 役員の任期は2年とし、改選時期は会計年度に準ずる。但し再任は妨げない。補充、増員による役員の任期は、他の役員の残任期間とする。役員の任期が満了しても後任者が就任するまでその職にあるものとする。

第四章    会 議

第10条
 理事会(役員会)は会長が召集し、議長となる。但し会長任命ある時はその職務を受任者が代行する。

第11条
 理事会(役員会)は会則の改正、事業計画、予算、決算、役員の承認等の重要事項を議決する。議事は出席者の過半数で決定する。
開催は年一回とする。但し必要と認められたときは臨時に開催することができる。

第12条
 理事会(役員会)は必要に応じて召集し、決議で可否同数の場合は議長が決める。

第五章    会 計

第13条
 本会の経費は賛助会費、寄付金、事業収益、補助金、その他の収入をもってこれにあてる。

第14条
 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第15条
事業遂行に当たり経費の支出を要する場合は会長に申請しなければならない。会長は常務理事会にはかって決裁する
         
第六章    賛助会員

第16条
1 本会に賛助会員をおく。
2 本会の趣旨に賛同し、入会した個人及び法人、団体を賛助会員という。


第七章    細 則

第17条
 本会の会則は、理事会(役員会)で出席者の3分の2以上の賛成がなければ変更することができない。

第18条
 本会の施行について必要な事項は別に定める。

  付則1、本会則は平成6年4月1日より施行する
  附則1、本会側は平成8年4月7日より施行する
  附則1、本会則は平成20年5月10日より施行する
  附則1、本会則は平成21年5月3日より施行する

inserted by FC2 system